大腸がんの症状をチェック|医師と一緒にがんを治療

笑顔のドクター

大腸のがんを疑う症状

お見舞いする家族

大腸がんを疑う3つの大きな症状は、便秘と下痢・腹部の不快感と出血です。これらの症状は胃潰瘍や十二指腸潰瘍、大腸ポリープ症や痔などでもおこります。症状があるヒトは、消化器内科での精密検査を受けることが重要です。

詳しく見る

生活習慣が引き起こす病気

看護師と患者

生活習慣が不規則で乱れてしまう人が多い現代では、大腸がんになる人が増えてきている傾向にあります。生活習慣を見直し、大腸がんの予防、または早期発見することで完治できる場合もあるので、健康な日々を過ごしていきましょう。

詳しく見る

日本で増加する腸のがん

手

食の変化による影響

大腸がんは、近年の日本に於いて患者数が増加しているとされます。原因としては肉食や洋食の普及にあり、栄養バランスも考えずに排便に悪影響を及ぼすような食事を続けていると大腸がんになりやすいとされます。大腸がんに限らず、血液がドロドロになったり生活習慣病の原因にもなります。また、血液循環が悪くなることにより老化が進行したり脳に栄養が不足して気分が低下する可能性があります。肉を好む人や和食より洋食という人が増え、体に良いとして世界各国で注目されている日本食を好む人が少なくなっているとされます。逆に日本食に限らず海外にある健康的な食材を積極的に取り入れる人も増えており、日本人の食の嗜好は極端であると思います。

予防には食材選びが重要

大腸がんにならないような食事を心がけることが大切で、排便を促す食材や食べ方といったものが重要になります。一般的に排便に良いものとして有名なのは、食物繊維や乳酸菌だと思います。食物繊維や乳酸菌は確かに効果がありますが、摂取の仕方には注意した方が良いとされます。食物繊維なら水溶性なのか不溶性なのか、乳酸菌なら種類をよく見て自分に合ったものを食すことが大切です。肉食や洋食が好きな方は、それらをやめることは難しいと思います。しかし肉でも洋食でも良い素材なら体にとって問題はないので、値段が高くても天然素材のものを選ぶと良いと思います。値段が高いと困る方は、健康のことを考えるのであれば日本食がオススメです。