大腸がんの症状をチェック|医師と一緒にがんを治療

ナース

生活習慣が引き起こす病気

看護師と患者

早期発見が需要

大腸は、小腸で吸収された食物の残りを大便にする器官です。大腸菌、乳酸菌などの様々な種類の菌が存在しており、食物繊維の分解や感染症予防など、様々な分野で役立っている器官です。そこで怖いのは、大腸がんです。大腸がんは、大腸粘膜の細胞から発生します。症状には、血便や下痢が増える、お腹が張る、貧血が起こりやすくなる、などがあります。がんが悪化していくと、腸閉塞やなどの深刻な症状が増え、治療も苦痛を伴ってきますので、早期発見が需要なカギとなります。初期段階では自覚症状が少ないことが多いですが、なるべくこまめに便利を観察して血が出ていないかや、お腹に少しでも異変を感じないかなど、自分の体調管理をまめに行うことが大切です。

原因と対処法

では、大腸がんの原因と対処法については、どのようなものがあるのでしょうか。まず、大腸がんになる原因ですが、じつは、大腸がんになりやすい人と、そうでない人がいます。大腸がんになりやすいのは、一般的に、運動不足やたばこをよく吸うことが挙げられます。また、肉を多く食べる人やお酒をよく飲む人も注意が必要です。よって、まずは自分の生活習慣を見直すことで、大腸がんの予防につながります。また、発症してしまった場合の対処法としても、同じことが言えます。大腸の中を綺麗に保つためには、食生活の改善が欠かせないものです。適度な運動とバランスの良い食事、たばこやお酒を控えることで、薬の利きもよくなり、早く治すことができます。